恋多き独り言

にわかヅカヲタ(宙組)兼二次アイドルのプロデューサーやってます。忘れないように書き留めてます。

鬼畜

明後日の日曜日21時から「鬼畜」っていう映画が放送されるんだけど、アマプラで緒形拳が主演の昔のやつを見てみた。(明後日放送するのは玉木宏主演のリメイク版)

率直に、何故これをクリスマスイブの夜に放送しようと思ったんだ…。

甲斐性無しの男が不倫して愛人との間に子供三人を作ってしまう。七年間続いた関係だけど、ある日愛人が貧困に苦しみ三人の子を連れて男の家を訪ねてきてしまう。男の家も貧しかった。男と男の妻と愛人と三人の子供が顔を合わせ、なんやかんや一悶着あって愛人は三人の子供を男に押し付けるように男の家に置いて姿を消してしまった。

ここからしばらく男は愛人の行方を捜しながら三人の子の面倒を見るんだけど、当然妻は子育てに協力してくれるはずもない。愛人の子だから子育てに協力するどころか、子供が目障りでしょうがなくて。しばらくはちゃんと子育てをしていた男も、いきなり三人の親が務まるわけもなく…。

この話、誰の視点に立ってもツライ。というかもどかしい。

男が長男に旅館で自分の生い立ちについて語るシーンがとても切なかった。長男と男の境遇って実は似てるのかな。

話は逸れるけど、虐待シーンを演じる子役って少なからずトラウマになったりするのかしら…。

今年のクリスマスイブの過ごし方決まったな。

ワイン飲みながら「鬼畜」見るぞ~。