読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋多き独り言

にわかヅカヲタ(宙組)兼二次アイドルのプロデューサーやってます。忘れないように書き留めてます。

劇団に摘み取られる新芽

宝塚 宙組

仰仰しいタイトルをつけましたが、なんてことはありません。

 

過去の歌劇を読んでいて高声低声に納得してしまったので、ちょっとご紹介。

 

先々が楽しみな若手のかたの登用に反対している訳ではありません。チャレンジということで、早めに主役を経験させるというのは理解できますが、続けてというのは如何なものでしょうか…。各組年に2公演ずつとなった今、せめて1回は他の生徒さんにもその機会を与えてあげてほしいと思うのです。地道に努力を続け、徐々に舞台で息づき始めている多くの生徒さんのチャンスの芽を摘み取ってしまわないでいただきたいのです。(中略)いろんな役を経験させながら、もう少しゆっくり育てて欲しいと切望いたします。(歌劇2010年7月号より)

 

 

う~ん、確かに(;^ω^)

組によっては同じ生徒にばかり連続して主演をさせるケースがありますよね。特に娘役だと短期決戦みたいなところあるから同じ生徒がヒロイン独占が続くことはありがちっちゃありがち、なのかな。

 

またこの方は同じ人が主演をすることについて「目先のことに追われて余裕が無くなり、こじんまりと纏まってしまい、大きく育たないのではと危惧いたします」とも書いておりました。

 

私、この一文を読んでなんだかうらら嬢を思ってしまった。

うらら嬢は美貌が売りだけど、新公ヒロインやバウヒロインを何度もやって良いほどの技術があるかって言ったら・・・(小声)

 

うらら嬢の技術以上の抜擢が続いていて、うらら嬢自身成長する機会を失ってしまっていると思う。

それこそこじんまりと纏まってしまってしまい、大きく育つことが出来ていないような気がしている。

完全に劇団の被害者だよなぁ。うらら嬢。

 

私最近までうらら嬢どころか宙組を全然観ていなかったので、先ほどうらら嬢のwiki

みてびっくりしたもん。こんなにヒロインやっていたのかと。

何回もやっていたヒロインのうち、ひとつでもふたつでも他の宙娘ちゃん達に回してあげていればいいなぁ。華雪りらちゃんとか。

 

彼女のケースだけに限らず今までもそんなケースがたくさんあったんだろう。

そして多分これからの宙組は星風まどかちゃんがうらら嬢のポジションにつくのかな(ヒロイン独占的な意味で)。そんな事態、想像したくないけど、そうなりそうでうんざりですわ。

まぁ、まどかちゃんは激きゃわわなので抜擢自体は嬉しいけど!

 

 いろんな人にチャンスを与える事で、劇団側も選択肢が増えてよいと思うんですが!

 

歌劇 2010年 07月号 [雑誌]

歌劇 2010年 07月号 [雑誌]

 

 

以上!