恋多き独り言

にわかヅカヲタ(宙組)兼二次アイドルのプロデューサーやってます。忘れないように書き留めてます。

花總さん

和央さんと花總さんの退団公演がスカステでやっていたからみたんだけど、いろいろ考えさせられたので一応書き留めておく。(ちなみに舞台の感想ではないです。舞台自体は途中で飽きた)

スカステで放送していたのは丁度東京千秋楽で、公演に引き続いてサヨナラショー、そして退団者の挨拶まで入っていた。

花總さんの退団の挨拶。それ自体はとても簡潔なものだったんだけど「ファンのみんなありがとう」って言った後に「最後になりましたが、和央さんと和央さんのファンの皆さん、ありがとうございました」ってわざわざ和央さんと和央さんのファンに向けてお礼を言ったんだよね。

自分のファンにはありがとうで、相手役のファンにはありがとうございました、なのか…って単純にびっくりしてしまった。

でもやっぱりトップ娘役って相手役のファンに好かれないとやっていけないのかなぁとしみじみ思った。

花總さんの場合和央さんの相手役になるまでがちょっと特殊というか異例過ぎるから他の娘役には当てはまらないこともあるのかもしれないけど。

最期和央さんと花總さんが手を繋いで銀橋を歩いていたけど、もう最後の最後にこんなの見せられたらやっぱりファンとしては嬉しいのかね?和央さん単体のファンや花總さん単体のファンはどんな気持ちだったのかなぁ

どうでも良いけど和央さんのファンの熱量が怖いくらいすごかった。これレオンの時も感じたことのあるエネルギーだった。長期間トップを務める男役のファンってちょっと特有の何かがある気がする。

あとブルボンの封印、仮面のロマネスク、ネバセイって立て続けにみたせいかもしれないけど和央さんと花總さんの時の流れをまざまざと実感させられた。

花總さんは仮面のロマネスクの頃がダントツで好みです(・ω・)

それとブルボンの封印、一路さんと花總さん目当てで見始めたわけだけど話の内容酷すぎない?w

紫さんへのリスペクトが感じられん内容だったんだけど。ヤンデレっぽいクソめんどくさい女役で。脚本誰だよwって思ったらもういない人だった。